ギリトラワンガン島ってパーティ島?実際に行ってみた!

シェアする

前々から気になっていた、インドネシアにあるギリトラワンガン島。なぜ気になっていたかというと、高城剛さんの本で、パーティ島として紹介されていたからです!

なので、、、とうとう行ってきました!1泊して夜まで遊んできました!

本当にギリトラワンガン島はパーティ島なのか、どのくらいのパーティ島なのか、気になる方は是非ご覧ください!

ギリトラワンガン島への詳しい行き方や、マストスポットなどの旅行情報については下の記事でまとめていますので、よろしければご覧ください!ギリトラワンガン島は本当にオススメです!

移動は馬車と自転車!コンパクトなリゾートのギリトラワンガン島
バリ島には無い素朴さがあるギリトラワンガン島。たまに聞くけど、どういう場所なんだろう?次の旅行先にしたいけど、情報があまり無い。そんなひとのために実際に行った時のことをまとめましたので、よろしければご覧ください。

ギリトラワンガン島とは

ギリトラワンガン島とはギリ3島のうちの1つの島です。ギリ3島は、ギリアイル島、ギリメロ島、そしてギリトラワンガン島で構成されています。

ギリアイル島はバックパッカーの島、ギリメロ島はハネムーンの島、そしてギリトラワンガン島はパーティの島と言われています。(現地の人談)

スピードボートを使うと、バリ島からだと約1時間30分、ロンボク島からだと約30分ほどで行くことが可能です。

酔いやすい方は酔い止めを、あと日差しが強いので、日焼け止めはマストで塗っていきましょう!

島の雰囲気はすごいゆったりしています。車やバイクは走ってなく(厳密に言うと数台原付みたいなのはみました)、移動手段は馬車と自転車のみです。ほんとのんびりしてて、いい感じです。

夜も場所によっては全然明かりがないので、自然の中で生きている感じがします!

あと、ホテルはロンボク島、バリ島と比較しても少し高いとのことです。確かにキレイなホテルが多いです。

しかしながら、とりあえず1泊さえできればいいや!という人のための安宿もあります。

僕が泊まった宿の名前はアブディホテル&バンガロー。

400,000IDR = 約3,200円/泊です。お湯はでなかったです。Wifiはあります。プールもあります。予約なしで行きましたが空いていました。バックパック旅行の人が多い感じです。

Abdi Hotel & Bungalowは、ギリ・トラワンガン島のギリ・トラワンガン港から100mに位置する宿泊施設で、屋外プール、スパセンター、無料Wi-Fiを提供しています。 Abdi Hotel &...

壁に書き込みが出来るのですが、そこみると日本人の方も何人か宿泊した形跡がありました。

パーティアイランド?

ここからが本題ですね!

実際に行ってきた感想としては、ほのぼのパーティアイランドって感じですね!

ギリメロ島、ギリアイル島、ロンボク島と比較するとパーティしている感じですが、バリ島のクタやスミニャック、もしくはタイのプーケット、パンガン島のフルムーンパーティとかには遠く及ばない感じですね。

ギリトラワンガン島のパーティエリアは上の写真のピンクの道沿いとのことです(宿のお兄ちゃん情報)

上の写真がだいたい夜12:00くらいの様子です。こんな感じの野外ダンスクラブみたいなところが3箇所くらいある感じですね。

(僕が見たところは島の東側なので、逆側にもあるかもしれません。でも宿のお兄ちゃんがこっち側がメインだと言っていました)。

有名なところは以下の3クラブらしいです!

SAMA SAMA Reggae Club

こちらのクラブは主にレゲエ系の音楽です。PM9:30から盛り上がっているとのことです。(宿のお兄ちゃん情報)

BLUE MARINE DIVE

こちらはEDM系の音楽がメインでした。こっちは小さなプールもあるので、パーティ感が少し強い、と個人的に思ってます。

こちらはAM0:30くらいから盛り上がってくるらしいです(宿のお兄ちゃん情報)。上の写真もだいたいAM1:00くらいです。

本当はGoproで動画も撮影したのですが、旅行中なくしました。。。買って4日で、なくしました。。。

ZIGGY BAR

こちらは船上パーティもやっているとのことです。

詳細は、

Point!

  • 開催日時:毎週月曜日、水曜日、土曜日のPM1:00
  • 開催時間:約5時間
  • 場所:ギリ島の周りを回る
  • 料金:女性 250,000IDR=約2,100円 男性350,000IDR = 約2,940円

みたいですね。

治安は?

そこまでパーティパーティしているわけではないので、特に身の危険は感じませんでした。島自体の雰囲気ものんびりしているので、安心はできると思います。

しかしながら、ドラッグは結構あるみたいです。

たまたま行きの飛行機で隣になったドイツ人がギリトラワンガン島に行ったことがあるとのことなので話を聞いてみたら、”パーティ&ドラッグが最高だったぜ!”と言ってました。

宿のお兄ちゃんも、”パーティ行くんだろ?ドラッグはしないのか?”と笑顔で聞いてきました。もちろん断りましたが、結構流行ってるっぽいですね。

ギリトラワンガン島には警察がいないと言われていますが、確かに常駐はしていないそうです。しかしながら、週末とかに不定期で来ているそうです。僕が滞在していた時も見ました。

なので治安に関しては、そこまで心配はありません。そしてドラッグはしっかりと断りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的にはパーティ島かと言われると、そこまでではないと思います。しかしながら、島の雰囲気は最高です!!僕はまた行きたいと思ってます!

みなさまもパーティをメインで考えると少しがっかりするかも知れません。

ゆったりとした時間を過ごしたいけど、夜は少し遊べればいいなあ、というぐらいの気持ちで行くとちょうどいいです!